―この日記は怪魚釣りとバックパッカーに憧れる、本当は小心者な釣り女の旅の記録である。。とか言ってみたりして(笑)



(この日記は2015年3月タイ・マレーシアより)

OI000010
さあ、出発だっ!! 


■ "移動は徹底的に節約!"    

相変わらず貧乏なので格安航空で行く。ジェットスターアジアだとバンコクまで片道だいたい3万円前後で行ける。けれどその道程はなかなか面倒。

早朝、成田空港からまずは6:00頃の便で福岡に飛ぶ。到着後すぐに国際線ターミナルに移動して、10:00頃の便でバンコク・スワンナプーム空港行きに乗り換え。到着は現地時間の14:00、日本とはちょうど-2時間の時差があるので、実際は福岡を出てから6時間後にバンコクに着く。

...と、移動距離のわりに時間が掛かるしやることも多い。直行便だったら楽なんだけどなぁ。

○メリット
・安い
×デメリット
・一日1便しかない。
・成田空港が遠い(都内からだと行きは始発でも間に合わない)
・今年から第3ターミナルに...駅から遠くて移動が面倒。
・福岡での乗り換え時間がギリギリなので、国内線が遅れたらアウト。
・格安なので変更・返金は不可。※有料オプションで変更可能プランがある


...って感じで直前に予約しても値段が安いって事を除いたらデメリットしかないけど(笑)乗り遅れたらおしまいなので、福岡で無事に搭乗するまでは超ヒヤヒヤもんなのです。
 

OI000004
格安航空のエコノミー席から眺めるANA機...

いつかはANAとかJALのビジネスクラスで海外行けるようになりたいなぁっていう淡い夢みながら..。多分一生無理だけど(笑) 

海外初心者の私はそんなに長時間乗ったことがないもんだから、たった6時間でも身体がバキバキになって超苦痛。アメリカとかヨーロッパに行ってる人からしたらこんなの序の口も序の口なんだろうけど。轟音と振動が身体に堪える..もっとトレーニングしないとだめですね。


以下、福岡空港で撮影した写真

OI000007
OI000017
これは福岡上空かなぁ。多分。有名な川ですか?


OI000021
OI000022
だんだん地平線が見えてきて、光の色が変わって何も無くなる瞬間

この飛行機の窓から見える景色が大好きで、日よけを開けていられるうちは飽きずに眺めていられる。そのうち眩しくて見ていられなくなってからは退屈タイムの始まり。音楽を聴いてみたり読書してみたりしながら、落ち着き無く時間が過ぎるのを待つのです。

結局頭の中は旅のことでいっぱいだから、他のことしても集中出来ないんだよね。←子供か!(笑)   


OI000023
積乱雲横から見るこのラピュタ感。




■ "水の都『バンコク』"    

もう居眠りしようにも寝付けなくて、腰が痛くなってきた頃、よくやくタイの田園風景が見えてきた。
OI000028
何の田んぼ?畑?なんだろう・・・。塩田??


この景色を見るとタイ来たな~ってわくわく、そわそわし始める。 もうなんか既にタイの匂いがする気がするもんね。 こうしてブログを書いてるとさ、写真でタイの情景や匂いなんかが思い出されて、だんだんタイに帰りたくなってくるんだよね(泣笑)  この遠征日記を最後まで書き終えた頃にはまたすっかりタイ病に病まされているだろうな(笑) 
 
OI000029
OI000030
バンコク郊外の民家の軒並み

OI000040
OI000041
高速道路はすごく整備されてる。


OI000042
OI000043
これは寺院かしら...?? タイは赤い屋根が多いなぁ。

そして空から見ると良く分かるけど本当に水辺が多い。さすが水の都だね。
バンコクって都市名は通称だけど、その語源はタイ語のバーン(水)+コーク(ウルシ科の樹木マコークのこと)で、そもそもは「マコークが茂る、チャオプラヤー川沿いの村」が由来だそうです。

みんなバンコクの正式名称って知ってる?

バンコクの儀式的正式名称は長く、下記のとおりである。

กรุงเทพมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุธยา มหาดิลกภพ นพรัตน์ราชธานีบุรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์มหาสถาน อมรพิมานอวตารสถิต สักกะทัตติยวิษณุกรรมประสิทธิ์
クルンテープマハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット
以上、Wikipediaより転載

長いわ!!!!(笑)国民は全員言えるのか!?だとしたらそれはそれで凄いぞ。
バンコクってどこにも書いて無いでしょう?正式名は「クルンテープ」って言う名称。有名なクルンテープ駅がそれですね、日本でいう東京駅的な。でもクルンテープ駅のことはみんなファランポーンて呼ぶんだよ、もはやわけが分からないよ。ww

まあ今回はそのクルンテープ駅にも行ってきたので名前の謎はのちほど紐解いて行こう(笑)


OI000045
やっと着いたぜーー!!

OI000047
一度は利用してみたいタイ航空。

タイ航空ってすっごくサービスが行き届いて快適で、機内食もすっごく美味しいらしい。その分のお値段はするけれど、私の知ってる人はみんなタイ航空を使ってる。ジェットスターやエアアジアを使ってる人のほうが少ない気がする。私は相変わらず、乗ってみたいなぁ..と指を咥えながら眺めてるだけ。 


OI000048
OI000049~2
到着便を待つ荷物のおじさん。


今回行きの機内にはタイ人のCAさんが女性2名と男性1名乗ってたんだけど、 1番前の座席でずーっと談笑してるの。しかもコソコソじゃなくおばちゃんの井戸端会議ほどの音量で(笑)私はかなり前のほうの席だったのでもううるさいったらありゃしない(笑)タイ語だから何話してるかは全然分かんないんだけどさ。ww         

タイ人の気質っていうか国民性、自由すぎるくらい自由、日本人基準からすると超テキトーすぎなところ(笑) あたしも大概テキトーな奴だから、そのテキトー感にも全然すぐ順応しちゃうんだけど。 でもよ、さすがにお堅いシゴトのCAさんまでそうだと、おまいら仕事中だろ!ってツッコみたくなるwwww         

でもこれってジェットスターだからなのか?それともJALだろうがタイ航空だろうがこんな感じですか? ま、別にいいんだけれども。どっちにしても私は格安にしか乗れないし。笑



■ "何はともあれ、無事到着...?"    

くたびれてよろよろ外に出ると、むわぁ~っと、湿度が高くて蒸し暑い空気に襲われる。 香草っぽいような、スパイスっぽいような、甘ったるいタイの空気を胸いっぱい吸い込んで深呼吸。

(ああ、快感...。)

おかしいと思われるかもしれないけど私はこの腹が立つほどの蒸し暑さとタイの匂いが好きだ。 文句は言うけどね、暑い、もういやだ、って。
OI000053
肩腰をポキポキ鳴らしながら歩くコンコースまでの道のり。

OI000057 
スワンナプーム国際空港のイミグレーション


入国審査でちょっと手間取る。理由は帰りの航空券を持って無かったから。 今回は1週間タイに滞在したあと陸路でマレーシアに入国して、クアラルンプールから帰国する計画だったからさ。 

実は福岡空港の出国カウンターでも、入国の際に引っ掛かる可能性があるので注意して下さいと言われた。まあクアラルンプールからの帰国便チケットはあるし、そんなバックパッカーなんて五万といるだろうから平気っしょ。 

..と、思ってたら初っ端「帰国便のチケットを」と提示を求められて、私はテンパってむっちゃトンチンカンな受け答えをしてしまいwwすっかり挙動不審者になってたけど、カタコトの英語で何とか旅の行程を説明をして「もういいもういい分かったよ」的な、やれやれ的な空気で通して貰った。爆笑

帰国してから知ったんだけど、本来は帰国便チケットもしくは第三国へ出国するチケット等が無いと入国審査は通らない決まりらしい。けれど実際にそれで入国拒否される事はほとんど無いみたい。(その当時の情勢とかによって厳しさが違うみたいだけど)

ていうか今回はタイだったから入国できたから良かったけど、これ違う国だったとして、自分(私)そのぐらい知っとけよ!!って感じよね(爆)なんかもう本当そういう謎に天然で馬鹿なとこがだめね、そのうち絶対痛い目に遭うわ。苦笑



審査官のおじさんは怪訝そうな顔をしてたけど「hmm..OK~」と呟きながら私のチケットを取り上げて、裏にさらさらと何かを書いて、私に渡してきた。
OI000059
「何かあったらここに電話しなさい。」


そこにはタイPOLICEのナンバーがwwwwどうやら私があまりにも頼りなさげすぎて心配してくれたようだ。ちょっと呆れ顔でにっこり微笑んでくれた審査官のおっちゃん。やっぱタイ人めっちゃ良い人だわ。自分の不手際で迷惑かけてるのに、ひとり勝手にほっこりする私...         




なにはともあれ無事入国できた。

ホッと胸を撫で下ろして預け荷物を待った。相変わらず出てこない竿は、40分以上待ってオーバーサイズバゲッジ専用リフトから優雅に降りてきた。 待ち合わせ場所に出るとシゲさんがもう待っていてくれた。 これで本当にもう安心、シゲさんに会えてようやく心底ホッとする。




明日からは楽しい釣り生活が待ってる。夢のようだ。ウキウキ浮かれ心地でシゲさんの車に乗り込んだ。やっほー!!






 to be continued..