この旅の締めくくりに大好きなタイグルメを載せちゃいますぞ。

まずは行きの飛行機で機内食。ジェットスターアジアのベジタリアンミールを注文したらば出てきた激辛グリーンカレー。もう今回は絶対グリーンカレー食いませんってくらい満喫したわカレー。すっごいヒーハーなの。image


到着したのは夕方だったので現地メシ一発目は夕飯、バンコク市内の食堂で。ベトナムフォーのようなライスヌードルなんだけど、きしめんのような平たい麺。タイの汁そば系は薄味で辛くないしとっても美味しい。image
image
タイ人はジュースも水もビールでさえもストローで飲む。食堂でも屋台でも、コンビニでペットボトルを買っても自動でストローがついてくる。


そしてタイは食堂でもレストランでも屋台でもこんな調味料が置いてある。
imageナンプラー、酢(唐辛子入りが多い)、唐辛子、砂糖。塩のようなのは砂糖で、どこにいってもこのセット。塩や醤油、ソースなどは置いていない。これを自由にかけて食べるんだけど、いきなり四種類ドバドバかけて食べる人も多くて、辛くしたいんだか甘くしたいんだか…一体どんな味覚してるんだろうと思った。

image
熱帯夜には欠かせないタイビール!

image
連泊していたWATANAホテルは朝食付きで、わたしたちは毎朝am5:00に起きて朝食を食べ釣りに出かけた。朝食はお粥かアメリカンブレックファストから選ぶことが出来た。鶏とかエビとか種類があってわたし達は毎日お粥を食べた。

image
パームツリーラグーンでいただいた昼食。どっから出てきたのか分からないけれどシゲさんが届けてくれた。このキュウリみたいなやつ、何の味も無いんだけど 漬け物的な役割なのか?焼き飯には高確率でくっついてくる。あと目玉焼きも定番で、だいたい半熟。

夕食時は街の至る所に屋台が出てる。リーズナブルだし地元民の食が味わえるので一番好き。量は少なめだけれど一食25Bとか30B程度なので、2杯食うといい。種類も豊富だしね。
image
image
image
パクチーやよくわからない緑色の香草がたっぷり入った鶏そば的な汁麺。パクチー好きなわたしは大喜びだったけれど、苦手な人にはキツいかもしれない。

image
image
タイ式クレープ屋さん。バナナやチョコもあるけど、得体の知れないカラフルなソースが多い。これとこれとこれを…と指さして頼むことは出来るけど、そもそも正体が解らないので食ってみないと美味いか不味いかわからない。

image
わたしは無難にバナナチョコみたいなのを頼んだけど激甘くて虫歯になりそうなくらい甘かった。

image
これはアマゾンBKKでの食事。バイクに乗った人が売りに来る、袋に入ったもち米と焼き鳥。これめっちゃ旨かった。焼き鳥は普通に美味しいし、もち米も本当にただの硬めに炊けたもち米だけど何だか癖になるわこれ。

image
おやつのピータン。昨日の晩に屋台で買ってきたのだ。(普通はピータン一個だけを買う人なんて居ないらしいけど。)ピータン大好きなのわたし。けれどタイのピータン、中華で出てくるやつとちょっと違って黄身がドロドロしてるのね。なんだか凄かったわ。

image
image
何かわたし屋台でそばばっか食ってるな…。タイではもやしは生でそのまま乗っけて食うらしい。シャキシャキで美味しいけどやっぱちょっと青臭い。日本のもやしと変わらないよ。

image
image
パイロット111 で食べた焼き飯。レストラン併設なのはありがたいね。

image
豚肉とチンゲン菜の汁そば。米麺じゃなくラーメンのような卵麺。

image
これはうんまかったなぁー!プラー・チョンっていう小型な雷魚の煮付け。結構スパイシーだったけど魚の身は旨かった。それにしてもなかなかのグロさだった。
image


image
ブンサムランで食べた焼き飯。シゲさんが買ってきてくれた。ほらね、やっぱりキュウリ付いてるでしょ?

image
タイのコンビニスイーツ。色んな種類があるけれど、どれもこれもとにかく甘い。これは見た目通り、あんみつ的なスイーツです。他にもタピオカが入ったココナッツミルクや、ゼリーみたいなのとか、何だかよくわかんないのとか、日本には無いデザートが色々あるよ。

image
これはバラマンディだったかな。

image
何かの魚の炒め物。多分すごい辛かったような。

image
マックポテトの味はまったく一緒。タイ限定のメニューがあるみたいね。食べなかったけど。


それでは最後に、Mingさんに連れて行って貰った日本料理屋さんをご紹介。
image

かなりメニューが豊富で、どれもこれもクオリティーが高かった。まるで日本の居酒屋に来てるみたいだったよ。
image

image
「すすき」じゃないよ、「すずき」だよ。(笑) そして本当はバラマンディらしいけど。

image
まさかタイで銀杏が食えるとは!これは本物でした。Maymeがひたすら食ってた(笑)

image

並ぶ日本酒の奥に見える魚の絵画。日本だったらマグロや鯛だけど、やっぱりアロワナ(笑)





全8日間の日程の内、6日間釣りをしまくった。最初から最後までほとんどをガイドしてもらい、バンコクを拠点に毎日朝から晩まで釣り堀で釣り三昧、無駄な時間は殆ど無かった。おかげで今回はたくさんの魚に会えた。有名なタイの釣り堀をフルに満喫してめちゃくちゃ楽しかった。ここからまた怪魚探しにのめり込みそうな気がする。

今度はいつか予定も立てずに、あてもなく町をプラプラしてみたり、寺院巡りなんかもいいかもしれない。それで行く先々で、少し釣りができたとしたらそんな旅も楽しいかもしれないね。帰国後、次回の旅を考えるのが楽しみで仕方ないです。

(間もなくまたタイに戻ってくるんだけどね。それはまた今後の釣行記で…)


もう当分釣り堀はいいかな~と思ってたけど、半年経ってまた行きたくなってるのはやっぱりブンサムランとアマゾンBKK、あとパームツリーも行きたいな。パイロットはそうでもない(笑)たかが釣り堀、されど釣り堀。タイの釣り堀は面白いです!タイに行く機会がある方は、一度は行ってやってみるべし。



それではこれにて釣り堀巡りの旅はおしまいにして、また次の釣行記を書き始めたいと思います。最後まで読んでくれて、コーップンカァー!!