image

2日目です。

昨日のメコンバトルで負った傷がまだ癒えないままアマゾンBKKという釣り堀へ。(←ただの筋肉痛。)

もう10月でタイももうそろそろ冬が始まるというのに、ギラギラの炎天下でこの日は本当にしんどかったよ。このポンドは日陰もろくに無い。魚が釣れるか、人間がぶっ倒れるか・・・・・。

今日のメインターゲットはピラルク。アマゾン水系に生息していて、鱗のある淡水魚では世界最大種といわれている、わたしが1番大好きな魚なのです。

このポンドはルアー限定(餌釣り禁止)で、わたしは全くもってどんなルアーがいいのか解らないので、ペスちゃんに教えてもらって日本からルアーを持ってきたのです。メインになるのは捕食している(というか餌付けされてる)ティラピアのような、平べったいギル系のルアーみたい。

ずっと釣りたかったピラルクとの対面を前に、心踊らせながらいざ、スタートフィッシングです!





am7:00頃だったか、8:00頃だったか…朝の餌撒きタイムが始まりました。ポンドのオーナーのアラパマおっちゃんが、何やら甲高いダミ声で「アラパマアラパマ〜」と呪文を唱えながら生きたティラピアをバケツでばら撒いています。

少しすると、静かだった水面がざわざわと揺れ始め、ガポッ!!…ガポッ!…と目の前でピラルクがボイルを始めたではないか。


初めて見るピラルクの捕食に心拍は最高潮!まじで鼻血が吹き出そう。でも見とれてる場合ではないのです、早くルアーを投げないと!

ギロンを装着して1番ティラピアが溜まっているところ目掛けてぶっぱなし、少しカウントをとる。フォールで食ってくるらしい。少しシャクって浮かせてはまたカウント。


ゴッ!!!!


喰った!!思い切りアワセた。けれど手応えは軽く、すっぽ抜けたみたいだ。なんてこった!!

同じ動きを繰り返す。何度も沈ませる。本物のティラピアは瞬く間にピラルクに吸い込まれてどんどん数が減っていく。偽物のわたしは虚しく何度も水中を浮いては沈んでを繰り返す。なかなかピラルクはわたしのルアーを喰ってくれない。けれども再び、


ゴゴッ!!!!


今度こそと渾身の力でアワセたけれどまたもや竿は軽く針が掛からない。即合わせじゃ駄目なのかしら?全くタイミングが解らない。こうしてる間にもティラピアはどんどんいなくなって明らかにボイルの数が減ってきた。初めてのわたしにもこのお祭り騒ぎはもう終盤にきているとわかる。なんだかもう泣きそうになってきた。


・・・・・・・・・・


朝の餌撒きタイムにピラルクは結局釣れなかった。

間違いなく2回バイトはあったのに、チャンスをモノに出来なかった。わたしの下手くそ!!その後はぱったりピラルクの姿は見えないし、ギラギラ照りつける太陽とは裏腹に、わたしの心はすっかりどんより曇り空。何かもう釣れる気がしなくなってきちゃった…、まだ午前中なのに諦めムードを漂わすへたれっぷり。

見兼ねたペスちゃんが、違う方の池をやろう!と、わたしを引っ張っていく。バラマンディやピーコックバス、アロワナなどが入った小さめの池。

やってみるとそっちも活性は低くて魚も日陰でグダグダしているようにしか見えないけど、小ぶりながらときどきチェイスしてくる子もいるので、ちょっとモチベーションが保てそうだ。

image

しばらくやっていると、ペスちゃんがちっちゃなアロワナを釣った!

image

あまりにも活性が低いから、ちっちゃくても二人とも大興奮した!しかもわたしが暑くてくたばってる間にピーコックも釣った!ペスちゃんの釣りに対する意欲と探究心と根性は凄い!何より熱意が凄い!灼熱の太陽に負けない熱さ!へたれのわたしはいつも凄いなぁ~と感心しながら日陰から眺めてる気がするもの(笑)そしてそのタイミングで釣るんだよね。本当凄いよ。

image
image

よし、わたしも負けてられない。今日しかチャンスは無いんだから。頑張るぞ。そうしてルアーを投げ続ける。そして足元から何かがビュンッと飛び出して、わたしのルアーをギュンッとひったくっていった!

image
喰っちゃった!どうしよう!


足下のカバーに入られそうになりおどおどするわたし。けれどこの魚、なんだか全然引かないぞ?


image
あーらよっとぉー


image
ベチャ!! 「あ、ごめん。」


※ランディングは優しくやりましょう。


image
バラマンディだー!初めてのバラマンディ。何だかコンディションはぼろぼろだった。水質が悪いんだろうな。ここ純淡水の止水池だし。

それからこちらの池も餌撒きタイムがあって、再びオーナーがティラピアを大量に巻いた。するとどうだろう、さっきまで生命感ほぼ0に等しかった池から次々にピーコックだのアロワナだのが飛び出してくる。中には黄金のドラードまでいる。あんたたち今まで一体どこにいたのよ?

さぁ投げろ投げろと7cmミノーを投げてキュンキュンジャークさせる。すぐに魚が掛かる。けれども次の瞬間には宙高くジャンプされてバレる。掛ける。またバレる。わたしもペスちゃんもとにかくたくさん掛けてことごとくバラした。わたしらを見守るオーナーと仲間たちもその動きに一喜一憂してみんな大爆笑だった。

アマゾンBKKではバーブレスのワンフックにしなければいけないというレギュレーションがある。これがバレやすくてめちゃくちゃ難しいのよ…。まぁ、下手くその言い訳だな(笑)

そうしてる間に気がつけばもう夕方の餌撒きタイムになっていた。ピラルク池に大量のティラピアが撒かれる。これが最後のビッグチャンス。朝と同じようにお祭り騒ぎが始まった。ピラルク、アリゲーターガー、肉食ナマズがそこらじゅうでボッコンボッコンやっている。一生懸命何度も何度もルアーを投げる。


喰えっ!!
喰えっ!!
喰えーーーっ!!


と、次の瞬間ガガッ!と手応えがあって竿先が一気に持ってかれた。掛かった!!


ついにヒットした。興奮と緊張で心臓が口から飛び出しそう。思い切り首を振られてる感触が手元に伝わってくる。ああああぁお願いだから
外れないで!

image
バレないでくれーーー

image頼むっ!バレないでーーーーーー

image


そしてついに、ネットの中へ・・・・・!!!!


image
あれ?何か魚が違くない?


「キミ、アリゲーターガー君かい?」


そう、ピラルクと思って闘っていたのはまさかのアリゲーターガーだったのです。本当に泣いてしまいそうでした。そしてちゃっかりレッドテール釣ってるペス。

image
気を取直して記念撮影。


この劇的なタイミングでアリゲーターガーだったっていうオチ?あまりにも意地悪すぎじゃありませんか神様?そういうの要らんから。わたしは本当はガーも好きなんです。ワニみたいでかっこいいでしょ。でもピラルクへの想いが強すぎてこの時ばかりは外道と思ってしまった。ごめんよガー君。


でもまだチャンスは終わってない、気持ちを切り替えて再び猛然と竿を振るのだ。それしかないのだ。もう日が傾いてきて、餌のティラピアも散り散りになりボイルが減り始めた頃…


遂にピラルクがヒット


ガーとはまったく違う躍動で何度となく宙に飛び上がり、ルアーを外そうと首をブルンブルンと振りまくるピラルク。楽しむ余裕なんて無いしもうほとんど記憶がありません。外れないでー!外れないでー!外れないでー!心の中でひたすらに叫びながら必死に寄せて、ようやく…



憧れのピラルクがこの手の中に



やったぁぁぁ!!!!
嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい。
興奮して写真を撮ってる時のことはあまり覚えてない。けれどどうやら…
image
喜びで目が半開きになるほど嬉しかったようだ。

「ほえ〜ぴらるくぅ〜」


image
うわぁ本当にピラルクだぁぁぁぁ


今こうして写真を見ると結構小さいね。でも大きさは関係無かった。大好きですごく見てみたかった、触ってみたかったピラルクを自分で釣ることができた。こんなに嬉しいなんて!もうキメ顔で写真を撮るのも忘れたもんね。探したけどカメラ目線の写真がひとつも無かった(笑)

image
この間にペスちゃんがガーを釣ってダブルヒット写真。私もピラルクを持ち上げようとしたら、危ないから持っちゃ駄目だ!と怒られた。

image
えっ、だめなの?


image
ペスちゃんもしっかりピラルクゲットしてます。



猛暑の中、あらゆる試行錯誤をしながら苦悩した一日はこうして無事、たった一匹のピラルクを釣り上げて満足し幕を閉じたのでした。後日経験者の方に話を聞くと、時期にもよるけどアマゾンBKKのピラルクはコツを掴めばもっと簡単に釣ることができるそうな。それは餌撒きタイムだけに限らず。要するに餌撒きタイムの時は誰にでも釣れるわけで、やり方が解ってる人はシビアな時間にもちゃんと口を使わせる事ができるみたい。
image

アマゾンBKKにはまたピラルクに会いに行きたいな。リベンジの意味も含めて。そしていつか本当のアマゾンで野生のピラルクと対峙するその時の為に、少しでも自分の腕を磨いておかなきゃね。

《おまけショット》image
題名『ボクの夏休み風 byペス』


明日はパイロット111という釣り堀に行きます。